[WordPress]エックスサーバーからロリポップへサーバー移行する

引っ越ししました

これまでエックスサーバーにホスティングしてたんですが、ろくに更新しないくせに維持費かけすぎだなと。サイト捨ててもいいんじゃないかとも思いましたが、やはり生かしておこうということで引っ越し決定。
手頃なサーバーならロリポップかなー、ということであまり考えずロリポップにしました。

・月額費用は半分に
エックスサーバーX10:1,000円

ロリポップスタンダードプラン:500円

ロリポップはライトプランだとさらに安くなりますが、SSH接続がなくDBも1つです。
テーマのバージョン管理をgitでやりたい&テスト環境作るのにDB複数あってもいいかなということでスタンダードプランとしました。

やったこと

・ロリポップ契約
・エックスサーバーからデータ落とす
 - FTPで public_html/配下のファイル一式DL
 - DBエクスポート(phpMyAdmin)
・ロリポップで独自ドメイン設定
・データ移行
 - FTPで public_html/配下のファイル一式アップ
 - DBインポート(phpMyAdmin)
・DNS書き換え
・SSL設定
・github Actionでデプロイ設定

概ねロリポップのマニュアル を参考にハマったところは色々なブログに助けてもらいつつ進め、サイトの引っ越し初めてなりになんとかなりました。

ハマった点

・WordPress簡単移行ができない
 WordPress簡単移行を試したものの、プラグインのインストールでエラーを吐いて動かなかったため手動で移行することとしました。

・DBのインポートに失敗する
 これもエラー吐いて何度か失敗。新しいDB名の記述が必要でした。
 参考:WordPressの引越し時にmysqlで:#1046 – No database selected エラーが出たら

・表示が崩れる/403エラーでフロントページが表示されない
 単純にファイルの移行漏れでした。エックスサーバーのpublic_html以下はすべて移行するべきです。(当たり前)

github Actions

自動デプロイ環境を作ってみたくて色々調べた結果、github Actionsに落ち着きました。

GitHub Actionsで「ロリポップ!」「ヘテムル」をもっと便利に使おう

これだとサーバー側でgitの設定をしなくてもgithubへpushするだけでファイルアップを自動化できるので手軽で非常に便利だなと。ただ管理画面でテーマいじるとかサーバーのファイル直接いじった場合に差分をgitに取り込む仕組みはないので、ちゃんとgithubで運用する。

余談ですがちゃんととか、しっかりとか、「もうそれエラー起きるだろ」という言葉は使いたくないものです。。

まとめ

世の中にはロリポップ→エックスサーバーの移行記事は多いですが逆パターンの記事があまり見当たらなかった印象です。簡単インストールでWordPress導入した場合のディレクトリの構造とかに慣れず初歩的な部分でハマった感が多分にあるので、また別記事に具体的な処置をまとめたいと思います。

引っ越して費用は安くなったものの、目的もないおもちゃ箱としてはまだコストかけすぎにも思えます。

落ち着いたら今度はGitHub PagesとJekyllへ移行してみたい。

コメント